インプラント治療を大田区蒲田や大森、羽田周辺でお考えなら永田歯科医院までご相談ください。

MAIL:info@dental-nagata.com
文字サイズの変更→ 大中

インプラントとは?

インプラントとは、歯がなくなった所の歯根にあたる部分に人工の歯根(フィクスチャー)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。

インプラントは、こういう方にお勧めします。

(1)健康な歯を削るのがいやな人
(2)入れ歯が合わなくて悩んでいる人
(3)入れ歯ではなく、自然な歯並びを取り戻したい人

従来の治療法とインプラント治療法との比較

従来の治療法   インプラント治療

歯が一本抜けた場合
ブリッジ
ブリッジの支台とするために、両隣りの歯を削らなければなりません。
歯の抜けたところにインプラントを埋め込み、人口の歯を被せるので両隣りの歯を削ることがありません。

奥歯が数本抜けた場合
部分入れ歯
入れ歯を固定する金具などに異物感を感じたり、支えている歯に負担がかかることがあります。
入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、また他の歯に負担をかけません。

歯が全部抜けた場合
総入れ歯
入れ歯が口の中で動いてしまい、「噛みづらい」や「話しづらい」などの不便さを感じることがあります。
インプラントにより、入れ歯をしっかりと固定できるので、入れ歯を気にせず食事や会話を楽しむことができます。



インプラントの長所: 1. 自分の歯と同じような感覚で食事や会話ができます。
2. 自然で見た目にもわからない歯になります。
欠点: 1. 保険がきかない
2. 手術が必要です。
3. 治療期間が短い場合で3ヶ月、長い場合で1年以上必要な事もある

入れ歯の長所: 1. 保険での治療が可能である。(安価)  但し、使用する材料によっては保険外治療になります。
2. ほとんどの場合、手術は必要ありません。
欠点: 1. 食事中や会話の最中に外れる事がある。
2. 食事のたび、取り外しをして入れ歯を洗ったりしなければならないので口臭等を気にする患者さんにはむいていません。
3. 新しい入れ歯の場合や、顎が痩せたりして入れ歯が合わなくなった場合、食事の度に痛かったりして、違和感を強く感じます。

ブリッジ゙の長所: 1. 保険での治療が可能な事が多い。但し、使用する材料や審美的精度の高い希望がある場合、保険外となります。
2. 治療が割と早く終わる
欠点: 1. 悪くもない健全な歯を削らなくてはならない。 場合によっては、削るだけでなく、神経の処置が必要な場合もある。
2. 保険のブリッジの場合、見た目が劣る。